おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

手当て、なるものをやって頂きました。

お節介なくらい親切なお姉さまと知り合い、彼女の紹介で九州で余命1年の乳癌を自力で回復させた女性を紹介された。

彼女とは電話でしか話したことがなかったが、この度、東京に来られるとのことでお会いした。

お電話のお声の通り、温かく柔らかい女性でした。

無農薬野菜を使った手作り酵素を送っていただいたり、ミネラルを送っていただいたり、大変お世話になっている方なのです。

その彼女は「手当て」が出来るとのことで、やっていただいた。

体の痛い部分に手を置いてもらうだけなのですが、柔らかい温かさが、ひだまりのような温かさが体にはいってきて、とっても気持ちが良いのです。

彼女の手から、エネルギーを私の体に入れてくださってるのだそうです。

右肺に大きな癌があったので、そこを触ってもらったら、「ここは大したことないわ」とのことで、やはり左脇リンパ節が大変だとのこと。

これは誰でもできるワザではなく、彼女は手当てをしている間、相手の体の痛みが手から入ってくるのだそうです。

この手当てなるものができる人は、5分が限度で、それ以上やると自分が苦しくなるらしいのですが、彼女は一晩中でも手当することが出来るのだそうです。

彼女に言わせると、確かに相手の痛みは手から入ってくるけど、それを浄化するような光が頭の上から入ってくるので、苦しみが残ることがないのだそうです。

ゴールデンウイークは彼女の手当をお目当てに、九州まで旅行しようかしら・・