おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

邪気を抜いていただきました。

マダムから紹介された施術所ではニュースキンというロシア製の機械で体の不調を探っていただいた。

見た目もメタトロンにそっくりでした。

合ってる食べ物やら、合わない食べ物なども表示されるところもメタトロンと同じ。

 

その後は施術室で薄いパジャマに着替えたら、ここの先生が開発した特殊なマグネットを足にペタペタと張られます。

ゼロ磁場のマグネットだそうです。

これにより、血流が良くなるのだそうです。

その後、温熱器を「アチチっ」となるまで体に当てる施術をいただきました。

アチチとなると、その温熱器をクルクルと動かして邪気を抜いて、気を入れていただきます。

2時間ほどやっていただいたでしょうか。

私の体からいっぱい邪気が出ていると言われました。邪気が出てくると、施術者がすごい眠気におそわれるのだそうで、それで邪気が多いと気づくのだそうです。

邪気は重いから下に落ちるのだそうです。

ベッドの下に水の入ったボウルがおいてあり、この水の中に邪気が入っていくのだそうです。

この水をお花にあげたりすると、いっきに枯れるそうです。

温熱器をあてる施術が終わったら、気功をしていただきました。

温熱器クルクルする作業でとれなかった邪気を、さらにマニュアルで抜いていく作業をくださいました。

合計3時間の施術。

グッタリして、翌日は泥のように眠りました。