おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

また新たな自由診療のクリニックへ

今日は、看護師の友人の紹介で千葉の自由診療のクリニックに行ってきた。

クリニックでは携帯電話は電源オフするように言われました。なかなかの徹底ぶり。

なんでこんなに急速に癌が広がるのかな?ということで、右手に金属棒を持った状態で検査いただいた。

以前、ホメオパシーのクリニックでやった検査と似たような感じの検査でした。

5分もしないうちに先生が「あ、見つかった、原因」と仰りました。

寄生虫アマルガム・水銀の毒素が肺に溜まっているのだそうです。

これがあると、リンパ球が癌細胞をやっつけようとしても、癌細胞のまわりのバリアのせいで、癌細胞までたどり着けないため、癌細胞は伸び放題なのだそうです。

まずは解毒してからでないと、抗がん剤の効果ないだろうし、次のステップに入れないとのことで、少しの間、抗生物質などを飲むことになりました。

私の体のオカシイところは、鎖骨から下、横隔膜から上、の胸全体だけであり、あとの場所は特に問題ないそうです。

直感的にこれでいけそうな気がする。

ま、私の直感などアテになるものかどうか、これまでも散々だったこともありますので。

次の診察は3週間後。

もう、CERT療法のマイクロ波やら、近赤外線やら、プラズマやら、受けなくて良い気分になりました。