おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

病気の運気は2025年まで続くのだそうです。

今日はお友達の紹介で占い師さんに会いました。

生年月日と生まれ時間、名前を聞かれると四柱推命を中心に観てくださった。

甲で生まれているけど、化土してて自分が強い。本来、丈夫で長生きする命式なのだそうです。

2023年~2027年 の5年間は仕事やお金のことで問題が噴出するそうです。

2028年~2032年の5年間は母親や家庭の大きな試練・転換期がくるとのこと。

両親は今は健在だけど、80歳を超えているので、今から数年後に亡くなってしまう可能性もあるだろうなと思うと、そこらへんが家庭の大きな試練・転換期なのではないかと推測します。

病気の運気は2025年まで続くのだそうです。あと4年?!長い・・・

病気治しをするには「地トン?」を実践すれば良いとのことで、直近だと4月5日(火)朝04:41~6:40の間に東に10分くらい歩くと良いのだそうです。

そういう方位取りをしていくことで病気の運気が改善するのだとか。

ヒプノセラピーを来月から習ってみるけど、今年中にそれを自宅で開業しても良いとのこと。

英検も今年中に頑張るのは良いとのこと。わーい!

2023年はマンション買うかもしれないとのこと。2キロ以内の引っ越しは方位気にしなくて良いそうです。私は土に化けてる命式の持ち主なので、場所を固定するのが良さそうなのです。

パリと東京を2拠点で暮らしたいというと、OKだけど、まずは体治してからなので、2025年以降にどうぞ、ということだそうです。

名前を見ていただいたところ、社会的には今の名前が良いとのことで、改名したり芸名を使う必要はないそうです。

商売繁盛しない場合は、改名のアドバイスをくださるらしい。

管理職とか向いてない。

色々、怖いことも言われたけど、2025年までは病気治しの苦行が続くようなので、その間に着々と色々なことを勉強して独り立ちできるように頑張ろう。