おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

CEAT療法3回目

CEAT療法3回目、オーリングテストでさらに改善しているという結果がでました。

癌の反応が減り、免疫力が上がっているそうです。

その後、マイクロ波を照射してもらいましたが、やはり左脇リンパ節のところは熱さを全く感じない。右脇は焼けるように熱いのに。

先生によると、左脇リンパ節のところで熱さを感じてなくても、ミトコンドリアを活性化させることは出来ているのだそうです。

CEAT療法のクリニックでオーリングテストの結果が良く出ていたとしても、それが絶対とは言えないので画像診断は必ずチェックするようにとのこと。

2週間前は半分しか上がらなかった腕がほぼ上まで上がるようになり、左脇リンパ節のシコリも半減してるので、今やってるセラピーは効果があるように感じている。

こればかりは、何が真実か、何が正しいか、治るか死ぬかしないと、わからない。

癌細胞は元は私の細胞で、私が作った細胞なので、私しか治せないのだろうと思う。

医者が治すのでもなく、薬が治すのでもなく、私さんが治すのです。