おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

ネガティブな感情の消し方

神道系のヒーラーさんに割と厳しいことを言われたような気がして、しょんぼりした気分でいたら、そのヒーラーさんに引き合わせてくれた方(この方もサイキック)が励ましてくださいました。

左胸の「悲しみ」の感情で真っ先に浮かぶのは母のこと。

私を心身ともに暴力でコントロールし、束縛し、自由のない生活を強いられた。

母への怒り、嫌悪感。

こういったネガティブな感情の消し方を教えてくださいました。

全ての感情は私のものではないそうです。

赤ちゃんとして、愛そのもので生まれてきて以来、出会う人々の苦しい感情を引き受けてただけで、それは私のものではないのです。

これは、私だけでなく全ての人に通じることなのです。

なので、その苦しい感情をくれた人にそのまま返せば良いのだそうです。

返し方は、これはお母さんの感情だ、と気づくだけで返せてるのだそうです。

でも、そんなことしたら、苦しい母がまた苦しさ倍増になるのでは?と聞いてみたら、そうではないとのこと。

苦しい感情を引き受けたのは過去のこと。今苦しい感情を持ってるのは「今」のこと。

これを過去に返すと、浄化されたように消えてしまうのだそうです。

昨年、彼女がデルタ株のコロナで入院しているときアインシュタインが現れて、相対性理論でこの仕組みを解説できるようになられたとのこと。

簡単な数式で説明くださり、腑に落ちることができました。

そして、常に今の感情に気付くようにするように言われました。

たとえば今、電車の隣の人にイライラしてたとしたら、この感情と似た感情を持った過去をサーチして、その感情を渡してきた人に戻すだけ。するとその感情は消えてしまう。

そうやって今この瞬間の感情に気付いたら、神経衰弱のカードゲームのような感覚でその感情をインストールした時へ戻って、そこにお返しするだけ。

これを繰り返すと、感情というおもりが魂から外れて、どんどん軽くなっていけるのだそうです。1オクターブ上の領域に行けるのだそうです。

 

<この方から聞いた良き言葉の備忘録>

私の意志は、神様の意思と同じもの

願わくばあなたの奇跡の道具に私を使ってください

 

意思を映し出す光を私に今見せてください