おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

スキルス胃癌を治したプラズマ療法

昨日はプラズマ療法なるものに行ってきた。

万病が治ると噂のメドベッドMedbedが2021年頃から日本にも入ってきており、プラズマメドベッドとう名称で人気が殺到しているようです。

トランプ元大統領もメドベッドを愛用されていて普及させたいと言っているそうです。

色々な陰謀があり、メドベッドが普及すると既存の病院ビジネスが成り立たなくなるので普及が遅れているといった噂もあります。

本当に真実は何なのか、私の曇った瞳ではなかなか見えないでおります。

さて、そのプラズマメドベッドを検索していたとき、プラズマ療法なるものを見つけました。

こちらは、20年くらい前から癌に特化して研究されてきた技術だそうで、開発者の田丸滋先生自身がスキルス胃がんにかかり余命3カ月と言われたところから、開発が始まったのだそうな。

プラズマパルサーが開発されるまでの何年かは、プラズマウォーターを飲み続けて延命され、開発が成功してご自身のスキルス胃癌も完治されたとのこと。

そんなプラズマ療法を受けに八王子まで行ってまいりました。

探せば都内でもやってるところがあったようですが、八王子のサロンが一番良心的な価格でやっておられるようです。

この施術を受けると、体の電子を増やして、ミトコンドリアを動かすに必要なATPが何倍かになるらしいです。

週に2回は来た方が良いとのこと。

平日は仕事もあるし、八王子まで片道約2時間かかるし、費用も結構するので、悩ましいけど、10回の回数券を買いました。

65000円也。他にくらべると良心的な価格といえども、短期的ならまだしも払い続けるのは厳しいお値段。

しばらく週2回通ってみて効果がないようだったらやめようと思います。

なんでも、大体3か月で効果がでないものは体質にあっていないと言えますので。

プラズマ療法のスタッフの方から、癌活性消滅療法(CEAT)も週二回くらい通って併用したほうが良いとアドバイスされました。

こちらも初回は3万円、次回から1万円という施術ですが、もうお金ありません!

ネットで調べるとトンデモ医学だという意見もあり、好奇心を満足させる程度に関わってみるくらいにしようと思います。

そんなことを思ってたら最近知り合ったサイキックの素敵な女性から連絡が来た。

古神道やってる女性に会うよう言われた。

色々やっても効果ないとき、エネルギーを動かさないと細胞に入っていかないのだそうで、そこらへんをサポートくださるらしい。

www.gohongi-clinic.com