おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

天使に会いました!

今週も癒しのテルミー療法のお世話になった。

2週間ぶり。

ちょうと2週間前にテルミーしてもらった直後の診察で再発が分かり、そのまま手術をした。

そして、今度は脇が腫れてきて、リンパ節転移だろうと言われている。

この2週間、施術してくれるイズミさんに会わないうち、私にとっては激動の時を過ごしていた。

私の激動の2週間を伝えると、イズミさんが、いつも通りテルミーを1時間施術してくれた後、30分の休憩をあけてもう一度テルミーやってみましょうと仰った。

2時間ほどイズミさんの施術をしてもらったことになる。

もちろんお代は2倍かかるのだろうな、と思っていたら、いつもと同じ金額で良いとのこと。

「良くなって欲しいから。私がやりたくてやっているの。」

と仰る。

前からイズミさんは天使のような人だと思っていたけど、あまりの親切さ優しさに涙があふれた。

これからも毎週テルミーに通うつもりだったから、料金が二倍だと財布がつらくなりそうだなと感じていたので。

本当に助かるし、おかげで毎週通いやすくなる。

私は帰り道、イズミさんのご主人の大腸がんの完治、娘さんのアトピーの完治、イズミさんの幸せを心から祈った。

私はこうやって、色んな方々のご厚意に助けられている。

私は、一肌脱いでまで誰かを助けたことがあるだろうか?

私もイズミさんのような人になりたいと心から思った。

誰かの幸せのために精一杯貢献する私になりたい。