おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

気診で消化吸収が弱ってることが判明

気診という、「気」を診て、適切な漢方のアドバイスを下さる先生のところに行ってきました。

『僕は死なない』を書いた刀根健さんもお世話になっておられるらしい、素敵な先生。

「初めてお会いしたときより元気になってます!」と言っていただけた。

先生と初めてあったのは2020年の9月頃だったかしら。

あの頃はまだ乳癌も花が咲いておらず、おとなしい状態だったのに、あの時より今のほうが元気?!

ちょっと以外でした。

これは病気で心身が一皮むけたせいなのかもしれません。

現在飲んでいるお薬「カペシタビン」と漢方の「フアイア」を先生に診ていただいた。

どうやら「カペシタビン」はとってもよく効いているのだそう。

漢方の「フアイア」はちょっとキツ過ぎるといった反応が出たようです。消化器系の脾臓が疲れてしまうようで、そこを持ち上げるための漢方をアドバイスいただきました。

今のところは、四君子湯を少量だけ朝昼晩の食前に飲むことになりました。

脾臓が元気にならないと、体の消化吸収が悪いので、
N先生にアドバイスされた赤身の肉を食べても吸収できず、
血肉になりにくい、といったことになります。

四君子湯の力で、食べ物の消化吸収が良くなるようです。

フアイアが消化しづらいのも、きっと良くなるようです。

あとは足、ふともも、お尻が冷えてるそうですので、大量に買ったカイロがあるので、これをお尻にペタっと張ってしばらく過ごしてみることにします。