おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

私の乳癌手術は暫定措置だったそうです😟

今日はNクリニックへ。

私の乳癌手術は暫定的な処置だったそうで、これでスッキリとはいかないらしい。

あの勢いの強い癌が一年以内に再発したら、もうN先生でも手術はできないと。

そうならないように、癌の再発につながりやすいビタミンAと Eを抜いたサプリメントを飲み続けるよう言われた。

自己流でサプリメント取るのはダメだそうです。

そして元外科医の新見正則先生の漢方クリニックを紹介された。

niimimasanori.com

引き継ぎ、主治医の出す西洋医学の薬も続けたら良いが、西洋医学だけでも治りきれないものなので、漢方クリニックにも絶対行くべきだとのこと。漢方で再発が15%改善するという結果も出ているそうです。

私は思わずため息😮‍💨をついてしまった。

終わりなき苦闘をしている気分になってしまって。

私はN先生に言った「せっかく手術いただいたのに、なんだか何故生きてるんだろうとか、鬱っぽくなる」

先生は「そういうこと言う人は、やる事やってないからそう思う。やれる事全部やればそんな気分にならない。あなたのこと応援してる人がたくさんいるんだから。」

さらに、左胸は放射線治療の影響で黒焦げた角質が表面を覆ってる。

これをN先生監修のボディクリームを付けてマッサージしてると取れてくるだろうと勧めていただいた。

このクリームにはマリファナ成分が入ってるそうです。と言ってもマリファナの幻覚を起こすような成分は取り除かれており、薬効成分だけが入ってるそうです。

www.bijel.jp

N先生が仰るには、今回薦めて下さった情報は全て科学的なエビデンスがあることばかりだそうです。

効くも八卦、効かぬも八卦のような情報ではないので、ありがたく、N先生のアドバイスに沿っていこうと思います。

次のN先生の診察は1ヶ月後。

しかし今日もN先生は若かった。

顔だけでなく手とか腕もきれいなオレンジ色でツヤツヤされている。