おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

左胸と初対面致しました。

本日は左胸の全摘手術をして以来初めてのテルミーに行った。

先生は手術が成功したことを大層喜んで下さった。

手術前は2つも花が咲いた乳がんで、それが放射線で焼け焦げた色をしていて、開いた口からはヌラヌラと滲出液が滲んでる状態だった。

私自身は怖くて自分の胸を見れなかったけど、テルミーの先生には見てもらって施術してもらってた。

先生が「今だから言えるけど、私もあなたの胸を見るのは怖かったから、いつも祈りながら施術してたのよ」と仰った。

先生いつもニコニコ施術してくださってたけど、よく私の施術を引き受けて下さった。

ありがたい、ありがたい。🙏🙏🙏

大勢の方々の祈りや助けのおかげでここまで回復できたと思うと感謝しかありません。

テルミー施術の時に、術後の左胸を見てもらったところ、「きれいになってるよ!」とのこと。

テルミー施術が終わってから、ガウンをそーろそーろと動かして、半年ぶりに左胸を見た。

え?きれい!

乳首がなくなってるけど、のっぺらぼうの肌色の更地となっているだけだった。

こんなにきれいに手術してもらえたんだ。

そう思うとN先生への感謝の気持ちでいっぱいになった。

私の身体を尊重して下さった手術というのがよく感じられる仕上がりになっている。

N先生は本当に神の手を持つお医者さまです。

N先生、ありがとうございます🙏🙇‍♀️