おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

激痛のなか、ドレーンを抜きました。

本日はNクリニックへ移動してドレーンを抜いてもらいに行きました。

ドレーン内の浸出液の量は15mlと少なくなってたので予定通りドレーン抜去いたしました。

このドレーン、体のどこまで入ってたのか分かりませんが、なんとも言えないピンポイントの激痛がありました。

私ってこんなに痛みに弱いのかと思うくらい、処置中はイタイ!イタイ!と叫び続けました。

叫ぶと言っても、今はパワーがないので、小さな叫び声なのですが。。

今晩からシャワー浴びて患部を石鹸で洗うように言われました。

恐ろしくてまだ患部も見れてないのに、そこを石鹸で洗うなんて怖くてできない!とN先生に言った。

「洗わないならもう私は診察はしませんよ!」と言われてしまった。

患部を清潔にしておかないと感染症の恐れがあるから、洗うのは必須だそうで。

診察の最後に私の手術はどんなだったのかを聞いてみた。

一年前まで嚢胞という水風船のような状態だった腫瘍は、ガッツリと根を張った大きな塊りになってたので、その塊りごと引っ剥がすような手術だったそうです。

恐ろしい。たった一年でそんな塊りになってしまっていたとは。