おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

16回の放射線治療が終わりました。

今日が16回目の放射線治療。これが最後。

一週間ぶりにお会いした看護師さんから、さらに患部が小さくなってると言われた!

放射線の担当医と最後の面談をした。

放射線で皮膚は薄くもろくなってる状態らしい。

小さくなったからといって、手術したくても、皮膚がぼろぼろの状態なので縫合もできない。

1ヶ月くらいすると皮膚が元に戻るらしい。

手術までの道のりはまだ遠い。でも前より随分と前進してる!

皮膚を早く回復したければビタミンCが良いとのことで、最近サボり気味だったサプリを再開することにした。

今日当てた放射線も三週間後に効果出たりと時間差があるそうです。

放射線治療、あまりこれと言った刺激ないから何とも思ってなかったけど、ジワジワと身体に重い倦怠感が乗っかり始めてることに気づいた。

今日も病院から家に戻って、食事以外はずっとベットで寝入ってた。

とにかく起きてられない、座ってられない。

寝るしか出来ない。

放射線のせいで左胸がつっぱったような鈍痛があり、これはこれで悩ましい。

でも浸出液まみれだった時のQOLとは大違いなのは感謝感謝です。

浸出液とその匂いと頻繁に行うガーゼ交換、夜も浸出液がビシャビシャで夜中に起きてガーゼ交換。つい2週間ほど前まで地獄のQOLだったこと思うと大きな前進だ。

ありがたい。

あとは放射線の後遺症から早く脱却して手術へと進めると嬉しいところです。

明日は主治医の病院で診察。

患部の縮小具合、驚かれるだろうな。

楽しみ💕