おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

大きな皮膚片がボトッと落ちました😨

放射線の先生が一昨日に仰った通り、今夜、シャワーを左胸にあてると、大きな黒い皮膚片がポタボタと落ちた。

細かい黒い皮膚片もたくさん落ちたが、一番大きいのは5センチくらいの黒緑の肉片がボタッと落ちたものです。

その次に3センチくらいの皮膚片。

私は自分の胸は怖くて見れないが、落ちた皮膚片は見れます。

かなりグロテスクな物体でした。死んだカエルの一部といった感じ。

さっきまで私の胸にくっついてた腫瘍の一部が剥がれ落ちるのは、気持ち悪いけど、物理的にとれるのは爽快で希望が沸く。

明日以降もボタボタ落ちるのかな?

ところで、仕事は11月から2-3か月休むことにした。

乳がんの先輩から頂いた群ようこさんの『ゆるい生活』と言う本を読んで、私は仕事もエンタメも何もかもシャットアウトして、ひたすら休むに集中する時間を持たねばと思ったからです。