おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

抗がん剤は中止、放射線治療へ

今まで出来てたことが出来なくなって辛くなったり、体の痛みや不快でつらい。

乳がんが悪化してから、自分の体の苦しさだけに焦点をあててきた。

というか、痛みや浸出液があふれる不快は、苦しみに焦点当てるしかない状態だ。他のことに意識が行く余裕もない。

それでも、まだ私は自分の足で立って歩けるし、外の世界をこの目で見ることもできる。

ありがたいことを意識しよう。

f:id:ErinaPiccola:20211005094406j:image

病気になってから、人前で平気で泣くようになった。

以前の私はクラスメイト全員泣いてる卒業式でもシレっとした顔して泣かなかった。

そうやって自分を感情的に解放することが、カッコ悪くて、弱そうで、恥ずかしいと思ってた。

今は涙を堪えようなんて気は、さらさらなく、すぐ泣く。

さて、本日は38度以上の熱があったため、抗がん剤中止となった。

そして、とめどなく流れ続ける浸出液を止めるため、放射線治療をすることになった。

来週月曜日から毎日、一ヶ月くらい継続するのだそうです。

主治医の大先輩に放射線治療は引き継がれることになり、紹介状を書いてもらいました。

効いてなさそうな抗がん剤を継続するより、放射線の方が良いような気がして、今は希望でいっぱいです。

効きますように🙏