おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

神頼みの為、大分県の宇佐八幡宮へ行きました

大分県にある宇佐八幡宮へお参りすべく、羽田から飛行機に乗った。

朝から貧血で、羽田空港に着いた途端、荷物を持って歩けなくなり、そのまま手荷物チェックの前のレーンで倒れ込んでしまった。

空港職員さんに車椅子に乗せてもらって搭乗口まで行った。

大分空港でも車椅子を手配してくれていて、なんとか集合場所へ向かうバスに乗れた。

バス停を降りてからは、参拝セミナーのスタッフが私がヨロヨロしてるの気づいて、救護スタッフを呼んでくれて、荷物を持っていただき、会場まで案内していただけた。

その会場で、生まれて初めて、神社参拝セミナーなるものを受けた。

参拝する神様のことを知らずに参拝するのでなく、知って参拝する方がご利益がとてつもなく大きいからと聞いたせいもあり、受講したのです。

今回は病気に少しでもご利益あればという下心での参加であった。

しかし、その宇佐八幡宮参拝セミナーで聞いたお話はそんな個人の願望といった次元の話ではなく、宇宙レベルの壮大なお話でした。

やはり2029年以降になると隕石衝突といった天変地異が起こる可能性は、けっこうな確率で高いようです。

そして、私たちの意識は顕在意識、潜在意識、それをとりまく集合的無意識の影響を受けてるが、この集合的無意識がインターネットに乗っ取られて、自他を攻めたり、言っても信じてもらえないなどの虚無感、没個性、自分に関係ない他人への関心をなくすなど…と言った現代社会のような状況になっております。

こういった集合的無意識と戦えるのが八幡大神様なのだそうです。

f:id:ErinaPiccola:20211003140518j:image

不条理に対し、武士のように立ち向かう生き方をサポートしてくれるのも八幡大神様なのだそうです。皆のため、この世のためなど、高い志がない人には、八幡大神様は動いてくれないのです。

日本というのは、その地形も世界の縮図と言われており、日本で起こることは世界で起こり、日本人一人一人の意識が日本の雛形になっているわけです。

ノストラダムスの一番有名な大予言がありますね。

1999年第七番目の月、

天から地に落とされし恐怖の大王、

アンゴルモアの大王を甦らさんと、

その前後にマルスは平和を盾に支配にのりだす。

何も起こらなかったと思っていたけど、その予言の月、それまで海王星が太陽系の一番外側を回っていたのが、冥王星に変わったのです。

これは時代の変わり目を意味しています。

 

恐怖の大王というのが、海王星集合的無意識のことになるそうです。

1999年からより海王星はより地球に近くなったことで影響が大きくなっています。

この集合的無意識が乱れる時に災害や経済危機が起こりやすくなります。

ちょうど1999年以降から、海王星が表す集合無意識がAIに乗っ取られ初めました。携帯電話が爆発的に普及したのもこの頃からです。

 

マルスは火星のことです。

火星の熱エネルギー強まると電気と機械文明が発展します。

マルスは平和を盾にこの世を支配するであろう」というノストラダムスの予言は、人類がAIに支配されるという意味にも聞こえます。

映画マトリックスの第1号も1999年でした。

人間は全員エージェントスミスになってしまう没個性社会が描かれてました。

現在、この映画のような、ディストピアという情報管理社会へ向かっていますよね。

コロナ禍以降その傾向は強まってるのは見ての通りです。

アンゴルモアの大王は、冥王星のことです。1999年に冥王星が一番外側の境界線に位置するようになり、この境界線というのはとても敏感な位置でエネルギーが集まっているところです。

冥王星は本能、生命エネルギー、物事が生まれるエネルギーの星です。そして宇佐八幡宮に繋がっている星でもあるのです。

冥王星の本能的エネルギー、海王星の影響による集合的無意識が没個性と虚無になったり、火星の影響による電化製品の発達で手料理が減ったりの便利な世界。

この3つの星をバランス良くする状態が大事なのだそうです。

3つの星以前の根源の星である北極星は、八幡大神の根源でもあります。

この北極星の意思を直接教えられた方々が、全国の数万あると言われる八幡神社として祀られているのです。
まぁ盛りだくさんのお話を沢山お聞きしたのですが、宇佐八幡宮は「立志の祈り」をする神様であると理解したので、参拝中は病気治しのことは自然と祈らず、「日本が世界の雛形になれますよよう、日本人一人一人が、私が、日本の雛形となる生き方をさせてください、地球人が修行しやすい環境になりますよう」といった祈りに変わりました。

参拝後おみくじを引くと

「病気 次第に軽くなる」

とあり、うれしくなりました。

f:id:ErinaPiccola:20211003140400j:image

宇佐八幡宮の鳥居は朱色ですが、この朱色は水銀と硫黄を混ぜたもので作られます。

水銀も硫黄も毒です。

毒を毒で制す…抗がん剤もそんな存在なのかもしれません。