おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

私のような患者にどんな言葉をかけたら良いのか、ノートに書いてみた。

左胸乳癌トリプルネガティブのステージ4を患って、この世にいながら地獄の生活を経験している。

麻布の茶坊主さんに、病気を乗り越えたあとは、人の未来を明るくするような奉仕活動をと言われていたので、今の私のような人に出会ったらどんな言葉をかけようかと考えてみた。

 

*そのガンはあなたの体のバランスを絶妙に取るために存在してくれている

*そのガンは、あなたの体を解毒してくれている

*そのガンは、あなたの心の傷のヒーリング、エネルギーワークのようなものをしてくれている

*あなたが地球で輪廻転生の渦に巻き込まれる前にいた場所へ戻れるよう、調整してくれている。

*許せない人がいたら、許しましょう。恨み辛みを感じる思い出があれば、一緒に浄化させましょう。

*地球人としての体の苦しみの経験値を持つ貴重な体験でもあります。

*我々は、半分霊体、半分肉体という存在でありながら、霊体のことは意識してなことが多い。霊体は、意識なので、祈りとかそういった想念だけの世界。肉体は、物質欲など資本主義な世界。そのガンは、霊と肉の調和状態へいざなうための、現象です。

*そのガンの進行に一喜一憂せず、流れに任せて、宇宙のバランスを信頼して。

*一喜一憂すると、苦しいですよ。今のこれで完璧に完全調和している。今はこれがベストなバランスで起こっていることと、信頼してゆったりと深呼吸しましょう。

*病気になる前の体に戻ろうとしないこと。その場所から、あなたは卒業して、今ここにある新天地があなたの居場所なのです。ここで、以前の場所では絶対できなかったレベルの大きな魂レベルのヒーリングをするのです。

*霊を体と宇宙の絶妙なバランスを信じて、任せて。

*今、起こっていることは罰ではなく、宇宙の愛の形。ステップアップした愛の形。

*先を見通そうとしたり、先案じしたらせず、急いだりせず、今の状態を存分に味わってそこでジっと過ごしてみて。宇宙の愛への感謝が感じられるまで。

*あなたは健康そのものであるのです。今。その状態が健康であるのです。

*ハートのヒーリングが起こっているのです。心の傷?掘り起こす必要も、思い出す必要もありません。太古の記憶レベルからのハートの傷たちは、思い出される必要もないまま、ただ身を宇宙に任せていればよいのです。

*治療は普通のもので結構。どんな治療をしようと意味はなく、奇跡が起こります。誰にでも。ご縁のある治療を普通にするだけです。特別に探す必要はありません。何もしなくても良いくらいなのです。全てただの、まじないなのです。