お一人様の乳癌ステージ4トリプルネガティブ

2020年7月に乳癌診断うけ、2021年5月にステージ4(末期癌)診断

抗がん剤を止めたいと、緩和ケアの看護師に電話してみた

先ほど、緩和ケア担当してくれてる看護師さんに電話をした。

アブラキサン(パレクタキセル)を2回目まで終わらせたが、浸出液の量、どす黒い血の量が増量して、1日に数回のガーゼ交換が必要でQOLが悪すぎる。

(ちなみにどす黒い血は死んだ血なので出て良いみたい)

あきらかに、左胸はズシンと重みも大きさも増大している。

胸からは強烈なケミカルの臭いが発散されている。

抗がん剤の目的は腫瘍を小さくすることなのに、逆方向に行ってるのに、これを継続する価値はないのでは?

本当に4回もアブラキサンしないと評価できないものなの?

QOLのために手術してもらえないの?

前回はNoだったけど、本当に本当に、手術はNoなの?

 

来週の血液検査でアルブミンの値が上がっていたとして、それが理由でアブラキサンが効果があると言うなら、私は反論したい。

なぜなら、私は9/21(火)からプロテインやら、肉魚中心の高たんぱくの食事にきりかえ、ビタミンABCDEのサプリやら、ナイアシンやら飲んで、栄養パンパンに補強しているので、アルブミンが上がったのなら、その私が投入したタンパク質やらビタミンのお陰だと言いたいと思う。

わ~っと看護師さんにまくしたてた。

看護師さんから予め、主治医に私の気持ちを伝えてくださるそうです。

看護師さんによると、私の今の状態まで悪化された乳癌は時間がかかるのだそうです。

時間がかかるって、どれくらい?

私と同じトリプルネガティブで嚢胞タイプの人の症例なんかで参考にできるものないの?

じわじわ、QOL下げながら、尿取りパッドを胸にあてたままポックリいくまで、下り坂を下りていくしかないの?

 

こういった私の雄叫びを聞いていただけるのも、緩和ケアのベテラン看護師ならでは。

この環境に、感謝。