おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

業捨を体験しました

群馬で業捨施術所をやってる方が、月一度だけ東京で施術されてるとのことで、行ってきた。

業を捨てると書いて、業捨。

お部屋に入ると、抗がん剤の匂いしますね、と早速指摘された。そんなに匂い放ってるのか。ショック。

白いTシャツに着替えてベッドに横たわると、手の爪でかくような動きで施術されます。

癌になる人は、頑固な人が多かったり、何で私だけ!みたいな思考を持ってる人が多いとおっしゃってました。

癌をやっつけようではなく、共存していこうと考えるのが良いのだそうです。

とはいえ、今、私は巨大化した左胸がつらいので、共存できる気分になかなかなれないところです。。

この施術は、激痛伴うことあり、ベッドから転げ落ちる人もいるらしいと聞いていたが、本日の施術ではそこまでの痛みはなかった。

背中の施術は、むしろイタ気持ち良かった。

終わったら、サーっとスッキリ爽快。

と言うと、施術家さんの方に重いのがいってたそうです。ごめんなさい🙇‍♀️

この施術は、人の業をもらうので、そのまま受けてしまうと、施術家自身が病気になってしまう点で、大変な施術なのです。

この施術家は、それをうまく処理できているので継続できておられるようです。

そして、ワシ、スゴいやろ〜みたいな、エゴが全然ないナチュラルな方でした。

エゴが強くなると、こういう施術はできなくなってしまうのだとか。

帰宅すると、お腹が痛くなりトイレにかけこみました。

抗がん剤ステロイドのせいで便秘がちだったので、スッキリしました。

お風呂に入ると、左胸がさらに大きくズッシリ膨らんでしまってる様子が感じられる。

また左胸が発育し始めた🥲

業捨のせいか、ますます左胸から強烈に抗がん剤の匂いが発散されてるようで、常に臭う。

癌の人は毎週、業捨を受けるほうが良いとのことで、群馬まで行くべく、予約しようとしましたら、1か月予約がギッシリだそうで・・

 

施術後の体はこんな感じ👇

f:id:ErinaPiccola:20210928202836j:imagef:id:ErinaPiccola:20210928203142j:image