おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

自宅でアーシングできるかな?

以前、ホメオパシーの先生にアーシングを勧められました。

「進行した癌の場合、とにかく自然のエネルギーに触れることをおすすめしています。例えばアーシングなど。できれば素足で地面に触れて放電するのがいいと思いますよ。座ったままでいいと思います。

できるだけ長くです。本当は海辺の借家でも借りて一日中海辺にいるのが1番ですが。末期の胃癌から生還した治療家はそれで治したらしいです。自然の波動は生体を本来の波動に整えますから。」

しかし、東京のど真ん中に住んで治療してる私は、現在、海辺の家で暮らす財力も時間もない。お仕事しないと高額治療費を払えない。。

なので、即席アーシングになればと小さい芝生を一枚、植木鉢に植えました。

ちょうど、私の足を乗せたらいっぱいになるサイズ。

仕事中に裸足でこの芝生を踏んでれば、アーシングにならんかなと期待して。

しかし、これから寒くなるから、裸足でアーシングなんて言ってるのも一ヶ月くらいで終わるかもですが。

この芝生ポットは二つ作ったので毎日交互に使います。

一つは日光浴させて、一つは室内でアーシングしてもらって。

f:id:ErinaPiccola:20210921073721j:image