おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

内海聡先生の根本治療のための合宿に参加しました

内海聡先生の根本治療のための合宿に参加しました。

一泊2日で内海式のエッセンスを詰め込んだハードなセミナーでした。

初日は朝10時から夜は11過ぎまで。夜はひたすら全員のメタトロン分析でした。

メタトロンだけでかなりの精神分析をされてしまう始末で驚く限り。

私の両親との不和、特に母との不和はメタトロン上にも出ていたそうです。

どこをどう読めばそんなふうに読めるのか?

内海先生でないと、特殊な解読はできないのではないかと思います。

受講してるだけでも疲れてくるのに、内海先生はぶっ続けで講義して、ずっと半袖でパワフルなお声!

すごいお方です。

 

2日目は朝8:30から17時まで。

現在の問題の根本原因を探るための精神分析をやるのですが、家系図を確認するところから始まります。

家系図書くと、家族の誰と誰が仲が良くて、誰が仲が悪いとか、書いていくと、パターンというか類似性のようなものが見えてきたりします。

そして自分もその家系図の一員として、その家系のパターンのコピーを無意識に生きてたりするのです。

デモで取り上げられた受講生は、一番嫌いな姑に実は羨望の気持ちを持っていたことがわかったり。

誰にも言いたくない、恥部も全部言わされます。

乳がんなど女性特有の病気の場合は特に、男性関係も影響しているようで、徹底的に過去にやらかした浮気、不倫、略奪愛、などなど白状させられ、家系図やこれまでの人生との一致や不一致を洗い出します。

私はデモの生贄になる勇気がなかったのですが、やはりこれは、腹をくくって直面せねばと、内海先生のクリニックにて精神分析の続きを受けることにしました。

 

二日間の合宿が終わると、こんな修了証も出してもらえました。

f:id:ErinaPiccola:20210410195123j:image

内海先生のことがずっと怖かったのですが、今も怖いですが、でも本当に愛のある人だと思いました。

二日間、お世話になりました!

ありがとうございました。