おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

肺転移してたらしい!

今日も午後になると体温は38度を超えている。

今日はオステオパシーなので、先生に体温のこと言うと、体温高いのは大歓迎だよ!とのこと。

 

ところで、なんと先週の時点では肺転移してたらしい。

ステージ4だよ。

私が気にすると思って、わざと黙っててくれた様子。

今日は肺転移が消えてたみたい。

リンパ節や骨への転移は見当たらなかった。

 

癌反応はまだ出ており、いつも見てくれる癌のインデックスは330で、今までで一番低い数値。

 

以下の数字は今日までの数字の推移。

30000→8000→3000→3000→520→1300→330

代謝も上がってるとのことで状態としてはかなり良くなってるそうです。

 

癌に「癌が死ぬか?」と聞くと、素直に応じる反応が出ていて微笑ましい。

 

今日も謎の呪文が聞こえたなかから、聞き取れたものでリペアゴルジというのがあった。

リペアゴルジに関しては、あまり良い結果ではなかったようで、治していただいた。

きっとゴルジ体のこのことだよね。

 

起きてる時は3時間おきに胸に詰めたタオル交換してるけど、寝てる時はそうもいかず、毎朝、寝具とパジャマが汁まみれになって、それの処置のため起きてすぐに洗濯の日々。

「まだまだ汁が溢れてくるんです…」と先生に言ったら、「そのうち止まるよ」とのこと!

もう、毎日胸からの汁との格闘に疲れてウンザリしてきてるので、早く止まって欲しいなぁ。

 

年末から続く咳が、もしや結核ではないか?と思って先生に聞いてみた。

先生が調べてくれたところ、どうやら結核ではないらしい。

体温高いので、結核になってるのではと思ってたので、一安心。

 

まだ来週、先生の施術受けれるのが楽しみ〜