おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

経皮吸収率

経皮吸収について、

腕の皮膚を1とすると、

頭皮   3.5

脇    3.5

口の周り 13.5

股(膣)   42

かかと   0.1

・・・だそうです。

 

普通は皮膚表面から毒が入るなんてことは、ありえないのですが、そこに界面活性剤が混じってると皮膚の角質層のバリアを突破して経皮吸収されていくようです。

界面活性剤自体が悪いのではないが、それと一緒に入っている色んな保存料や毒物などが、一緒に皮膚バリアを突破して経皮吸収されてしまいます。

股(膣)の吸収率は42とバカ高くなっているので、これも無視できません。タンポンや生理用品の害は巨大です。

 

そもそも、体を石鹸でごしごし角質を落とすように洗ってる時点で、角質層のバリアが薄くなっており、液体ソープやシャンプーの化学物質や毒物が皮膚から流入します。

皮膚の洗浄は、お風呂の湯につかるだけでOKであり、それだけだとヌメヌメしてる~となるのは、皮膚常在菌や角質などだが、これらは、我々の体臭を食べてくれる良い作用をしているものなのです。

体臭が気になるなら体ゴシゴシ洗いはやめて、湯船に浸かるだけにしましょう。

キュッキュッとなるほど洗うのは、皮膚常在菌と角質を剥がしまくった結果であり、そこには外から別の雑菌が取り憑き、その結果、皮膚にカビが常態化します。

白ニキビなどはカビと雑菌が原因なのです。

皮膚常在菌と角質のことを、バイオフィルムを呼びますが、これを壊れた状態のところに、雑菌がつき体臭が出て、カビが生えて肌荒れという負のスパイラルが始まります。

ただし、これまで毎日石鹸でガシガシ洗ってきた人が急に湯だけの風呂にすると、バイオフィルムが体にないという前提で皮膚は分泌液を出してきたので、落ち着くまでは、アブラギッシュになる可能性があります。

ですので、石鹸ガシガシを止めるには、徐々に、まずはゴシゴシタオルだけ止める、そして石鹸をやめるという段階的にしてくことが良いかもしれません。

髪も湯シャンがベストですが、私自身が、湯シャンにして、アブラギッシュの副作用に大変悩まされました。

今までキュッキュッとなるまで洗ってた髪が、急に湯だけとなると、頭皮から猛烈に油が出始め、髪の毛がワックスも付けてないのダマになって、レゲエ愛好家のような髪型になりました。

アレッポの石鹸で洗髪するのも半年ほどやりましたが、これも、髪の毛がコントロール不能になり続け、美容師を泣かせ続けました。

結局、化学物質の入っていない高級シャンプーを洗面器に1滴だけ落として、お湯で薄めたものを、髪につけて洗っています。それも週2回だけ。

ほとんど泡もたちませんし、流しても若干ヌメヌメ感はありますが、リンスもなにもしなくても乾くとサラツヤの髪に仕上がります。

美容師さんに聞いた話では、お湯にお塩と酢を入れて洗髪するだけでも良いらしいです。