おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

病状、底をついたかもしれません。

左胸のシコリはリンゴサイズまで大きくなり、破裂口からボトボトと落ちる体液の量も増えてきた。

歩く速度も、かなりゆっくりになった。

自宅にいても、ちょっとトイレに行こうと、体を動かすのさえ、体が動かしにくい。

これが倦怠感ってやつ?!

しかも胸が痛い。破裂口の潰瘍が2か所あるようで、ヒリヒリと痛いので左胸のリンゴのシコリを一日中握っている。

なぜか握っていると、それ以上汁が溜まらないせいか、痛みが和らぐ。

あ~ぁ、私、どうなるんやろう・・・と不安な気持ちに。

机で本を読むのも、頬杖でグターとした体勢でないと、しんどくて読めない。

そんな気持ちを引っさげて、1週間ぶりのオステオパシーに行った。

そして初めての遅刻。20分も遅刻した。

「癌は良くなってる。先週3万だったのが8千になってる。」

「リポリシスがなくなってる。これは初めてですよ。癌でやせ細っていく可能性がこれでなくなったということです。」

ということは、とうとう、この左胸乳がんも底をついたということか。

それならば、あとは回復する一方?!

 

遅れてきたせいもあり、途中でお弟子さんの施術に変わった。

お弟子さんは女性なので、直に左胸をさわってエネルギー調整をしてくださった。

とっても嬉しい。

 

「あなたが思ってるより、随分良くなってますよ!」

というのが、先生の結論でした。

メタトロンで合う食事、合わない食事を見てもらった時、合わないにコメがあったので、それ以来お米を食べてないんですけど・・と言うと、先生が体の反応を見てくれた。

「コメ、大丈夫だよ」

「私はメタトロンは信用してませんから」

 

あと、リンゴやダイコンも良くないって書いてありまて・・

「なんでも食べたいもの食べてください。油だけ気を付けて。体が食べたいものを食べるのが良いです。脂身の少ない魚や、牧草で育ったお肉は良いと思います。」

ということなので、また食事は、組み替えていこうと思います。