おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

京都のお医者様に根本原因の解決まで導いていただきました。

久しぶりに京都のお医者様の診察を受けた。

近況報告をして、まだ残っている咳は、鼻と喉にアレルギー反応があるせいだと言われた。

音響免疫療法についても相談した。

音響チェアが私に良い影響を及ぼしているか? Yes。

音響チェアを買うと良いか? No。

色々テストしてもらった結果、音響チェアが乳癌を完治させるところまでのパワーはないと出た。

そして、音響チェアに7回乗れば、それ以降は進歩がないだろうとの結果が出た。

たぶん、既に7回チェアに乗ってしまっている。

ってことは、これ以上の効果はないということか。なんだか残念。

 

「先生、私は乳癌の診断出る前からストレスのほとんどない暮らしをしていたし、食べ物も自然農の玄米を中心とした食生活でした。
ストレスや食べ物が原因で乳癌になったとは思えないので、心理的な原因しかありえないと思います」

心理的な原因・・ない。魂レベルの原因・・ある。
魂レベルの原因のほうが根強いのです。
これが何か見ていきましょう。」

「あなたの乳がんは2年前の事件をきっかけにできたのではなく、その前からありました。ただし、その事件をきっかけに急速に大きくなったのです。」

「乳癌の原因になったとあなたが思っている出来事が、癌の原因か?違う。それは何か?自己嫌悪のようです。」

私は「では、自己嫌悪にしっかり向き合って生きていこうと思います」と言うと、先生は「取れば良いんでしょう?こんなの簡単にとれますよ!」

先生は何かマントラのような言葉をつぶやいて私の胸に向かって金属の棒を回している。

「自分のありのまま、全てを受け入れ愛します。」を3回言わされました。

「はい、チェックします。」

オーリングを作ると「お父さんのことを思い浮かべてください。はい、大丈夫。

お母さんのことを思い浮かべてください。はい大丈夫。

スピリチュアルセミナーの先生のことを思い浮かべてください。」

するとオーリングがガバっと開いた。

 

その後、「スピリチュアルセミナーの先生をありのまま全てを受けれて愛します。」を3回言わされました。

その後再度、オーリングでチェックしました。

「スピリチュアルセミナーの先生のことを思い浮かべてください。」

オーリングは閉じたままになった。

 

「あなたは私でも知らないような療法を見つけてきては試して、本当にびっくりします。それだけ探して、試せるだけの力があなたにはあるのです。普通はここまでやる人はいませんよ。」

「そのスピリチュアルセミナーも高額なセミナーだそうですが、そこにずっと通えていたということは、あなたにはそれに行けるだけの力があったということです。」

「神様はあなたの中にいます。全てどうにでもできるだけの力を持っています」

「これからどういう生き方をしますか?」

私は答えました「人を励ますような癒し手になりたいと思う。」

「やってください!」

「初めてあなたに会ったのは昨年の7月21日。
それからあなたは随分変わりましたね。とても良い顔になっていますよ。」

 涙がポロポロと流れました。

ここまで患者に心から親身になってくれる先生が他にどこにいましょうか。

 

「あなたに渡したいものがある。これは高野山で私が描いた不動如来です。」

f:id:ErinaPiccola:20210202215904j:image

その絵を裏返すと、私の名前の横に「愛」と書かれていました。

f:id:ErinaPiccola:20210203090715j:image

こんなにも愛にあふれた先生に出会えた私は本当に幸せです。

どうにもお返しができないだけの愛をたくさんいただいて、感謝以外に何もなく、これを私も利他に振り向けていくのが、私の使命なのだと感じています。