おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

2年ぶりのメタトロン

2年前にブルークリニックで経験したメタトロン

あの時は興味本位でやったメタトロンだけど、今回は本気のメタトロン

友達の紹介で、西新宿でメタトロンされているサロンに行ってきました。

メタトロンとは脳の松果体の情報から体の波動を読み調整する装置です。

 

頭にバンドを巻いて、メタトロンによる体のスキャンが始まった。

2年前のメタトロンより画像がさらに進化している。

肺に爆発しているような模様が出てきて、肺転移してしまったのかな~なんて思いながら画像を見た。

一番良くない臓器として胆のうや膵臓が表示されていた。

これらの臓器が炎症起こしているそうな。

特に胆のうは悪い油を取っているとしか思えないと言われてしまい、オメガ3の亜麻仁油などを勧められた。

あ~ぁ、先生によって意見が違うなぁ~。

オステオパシーの先生、崎谷先生は、オメガ3はリポリシスを起こす原因、万病のもと!と言っているのに。

ココナツバターやグラスフェッドバターがいいらしいと言うと、本物のココナツバター赤褐色をしているので、真っ白なココナッツバターは漂白されていると言われた。

なので、ココナツバターは捨ててしまうことにしました。

 

この後、メタトロンにより悪いところを治していく作業に入った。

7回くらい良い波動へ戻すように調整されるが、改善率が30%代だったり、40%代だったりが多かった。

私のように病気の人は、初回から5回目までは、あまり間をあけずに1週間以内にメタトロンで波動調整することが良いと勧められた。

最初にしっかり夫々の臓器に正しい波動をもたせるクセ付けをしておくのが大事だそうです。

あぁ、また出費かさんじゃう。だけど、やるしかないと、カード決済した。

自宅で体温測ると36.3度に。

ここ5日ほど37度代を推移していた健康的な体温は落ち着いてしまったのかも。