おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

オステオパシーの先生に依存しすぎてやいないか?

乳癌の状態が不安すぎて、耐えきれずにオステオパシーの先生に予定より早く診てもらった。

寒くなると誰でも帯状疱疹ウイルスが体内に増えるそうなのですが、またまた帯状疱疹ウイルスがたくさん出ているとのことだった。

その理由は電磁波だ、とのこと。

とはいえ、私が特別5Gに弱いって感じでもないらしいそうなのです。

竹炭を手に持たされると、一瞬で体の電磁波の影響が消え、その結果、帯状疱疹ウイルスもなくなり、ビタミンAアレルギーも治ったそうです。

乳癌が治るまでの過程は、大変な時期を経過していかなければならないらしい。

「皆、その過程では、胸が割れたり大変なんだよ!」とのこと。

(胸が割れるってどういうこと?!)

(花咲乳癌のことかしら?!)

「とんでもなく普通じゃない次元でやってるんだから!大丈夫っていってるでしょう!」

「そうやって恐れる心がかえって具合悪くするんだよ!」

「ここでちゃんとやってるんだから!全部治してあげてるじゃない!」

 

さらに先生はじっくり見てくれて、エンドトキシンがあると言い出した。

場所を探しはじめ、「口の中・・・違う、胸・・違う、腸・・・腸だ!」

腸に何かよからぬものがあるとのことで、それを処置してもらった。

「先生、困ったことがあるとすぐ先生を頼ってしまって、依存は良くないと思っていて・・」というと

「全然、依存させてないよ、こっちは!依存させる人は、相手を恐れさせ、ここに来ないと大変になるとかっていうやつだよ!何言ってるの全く。」

とのこと。

この会話がかみ合ってるのかどうかも良く分からず、

「あぁそうですか、そうですね・・良かった」と話を終えた。

 

最後に、先生から竹炭をプレゼントしていただいた。

先生、ありがたや、ありがたや。本当に頼りにしています。

 

楽天でも竹炭を注文してみた。

ちょっと素敵なインテリアにもなりそうなので・・

item.rakuten.co.jp