おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

癌は壊れた心のヒーラーさん

人生で起こることは因果の法則に従っています。

病気も因果の法則で起こっている部分が大きいと思っています。

私の場合、心が先に壊れ、壊れた心を体が受け止めて癒すために癌ができたのではないかと思っています。

そこまで心が壊れていたとは思っていなかったけど、
きっと長年の蓄積に、最後の一押しとして
信頼している先生からの破門宣告で、
心が壊れることが決定的になったのだと思います。

私の乳がんトリプルネガティブは、進行速度がとても速く、形状は嚢胞(水の入った袋)です。

この癌が破裂する度、嚢胞の水が外に出ますが、その水がとても冷たいのです。

私のいろんな感情で壊れた心を、体が癒してくれているように感じます。

癌は、心の癒し手であるように感じます。

これを攻撃して取り除く医療をすると、壊れた心の癒し手はどうなるのかなと思います。

スピリチュアルっぽい理由で標準治療を受け入れる気にはどうしてもなれず、
心の癒しをすべく体が頑張ってくれていることに、感謝の気持ちにしかなれないのです。

ましてや異物として攻撃して取り除くなんて、思えないのです。