おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

血液検査の結果にガッカリAgain

クリスマス頃に採血した血液検査の結果を見せられた。

ビタミンAはダダ下がり、免疫が随分落ちてしまっている。

そりゃそうだろう。

ビタミンAの注射もサプリも12月中旬から一切やめてしまったのだから。

ビタミンDはそれほど急激には下がっていない様子。

相変わらず帯状疱疹ウイルスの数値は、上限超えたところにあり針が振り切れた状態で全く改善していない。

 

問題はアルブミン基準範囲が60~72.3なのに、ジワジワと下がってきて53.5になっている。

これは体の中に癌や炎症が増えていることを示しており、そのうち、胸水や腹水が溜まり始めるのだそうです。

さらにα1-グロブリンもα2-グロブリンが上昇している。これは、免疫を下げる毒が増えてきていることを意味しているそうです。

小林常雄先生は

「ケトン食徹底しないと。」

「温熱療法するなら、全身温熱療法しないと。局所温熱療法では結果が出てないから!」

「ビタミンA注射」

帯状疱疹ウイルス用にイベルメクチン飲みなさい!」

今のところ、全ての意見を無視して、しばらくは経過観察をしたい旨だけ伝えた。

 

 

基準

11/18

11/27

12/9

12/23

帯状ヘルペスウイルス

2未満

128以上

測定の上限を上回り計測不可能に増えた

128以上

測定の上限を上回り計測不可能に増えた

128以上

測定の上限を上回り計測不可能に増えた

128以上

測定の上限を上回り計測不可能に増えた

ビタミンA

250μg/dL

108μg/dL

130μg/dL

 

121μg/dL

 

87μg/dL

 

アルブミン

65以上

 

 

55.6

53.5

α1-グロブリン

1.5-2.6

 

 

3.8

3.8

α2-グロブリン

5.2-9.5

 

 

12.5

14.9