おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

カバラ生命の樹から見える天命に向かえてない理由

先日見て頂いたカバラ生命の樹で、私の今世の本質・才能となっているのが、

色で言うとチベット僧の法衣の色であるオレンジ、太陽のような明るさ、社交性、元気、カリスマ性、中心的、自分の知恵を世界と分かち合うこと。(随分ご立派だこと・・)

そして、天命が、癒し手、肉体、植物、地球環境の調整、心地よい場を作ること。

今現在、この状態でないということは、育った環境や子供時代といったところの癒しができていないということ。

 

確かに私は受け身で、ヒーリングを受けたり、その手のセミナーに行くことは好きなのですが、自分が主体的に人に知恵を共有するということはやっていませんし、やろうとも思ってないし、やりたいとも思ってない。

なぜなら、この手のヒーリングとやらになってくると、オカルトの香りが充満してきて、現実世界でショボいのに、オカルト風だけ吹かしている痛い人々の一人にはなりたくないという気持ちがあり、自分は、こういったことではお客さんであり、提供する側に廻ることは無いつもりでした。

しかし、これは私の天命のようなのです。

癒しといっても、必ずしもオカルトっぽくなる必要はなく、心を込めて農業した体験をシェアすることも、地球への癒し、肉体への癒しにつながります。

私は齢50にして、いまだ天命といえることをボランティアですらやっていないし、それをやるスキルのようなものすらない。

カバラ生命の樹が、当たってないなら、無視していた情報でした。

しかし、これまでの人生を、カバラ生命の樹は100%当てており、過去が当たってるなら未来も当たってないわけがない。

なので、この与えられた人生の中で天命を果たせる生き方ができるようになりたいと思うのでした。

そのためには、まずは、癒しから。