おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

帯状ヘルペスウイルスの原因

京都のお医者様からメールが届いた。

私の血液中にウヨウヨいる帯状ヘルペスウイルスは、恐怖心と共鳴する波動を持っているのせいではとのコメントをいただいた。

そこでこの先生は波動療法などもされているので、私の潜在意識の深いところ(魂レベル)にある恐怖心を解放し、どんなことにも感謝する意識が高まるようにしておいたとのこと。

さらに、私の心にある「私は生きる価値のない人間」、という意識も少しあるようだとのことで、こちらも解放しておいたとのこと。

いつも京都から波動を送ってくださってるお医者様。

本当にありがたいです。ここまでやってくださるお医者様には会ったことがありません。

  

さらに奇遇なのが、私が先日お会いしたシャーマン日本代表の方と、この京都の先生は親しい関係だそうで、西洋医学を超越した方々どうしは、以外と世間が狭かったりするのでしょうか。

先日の気功の飛沢先生も知りあいだという話だったし。

erinapiccola.hatenablog.com

崎谷先生の原始人食について、京都のお医者様は完全に賛成しかねるところがあるようなので、次回、京都で診察してもらうときに相談することにしようと思います。

色んな先生の意見を聞きすぎかもしれませんね。