お一人様の乳癌ステージ4トリプルネガティブ

2020年7月に乳癌診断うけ、2021年5月にステージ4(末期癌)診断

血液検査の結果にガッカリ

最初のオステオパシー施術では帯状疱疹ウイルスやらの処置をいただいて、その2日後に小林常雄先生のクリニックに行って血液検査したのですが、その結果が返ってきました。

 

 

基準

10/22

11/11

11/18

11/27

12/9

帯状ヘルペスウイルス

2未満

96

128以上

測定の上限を上回り計測不可能に増えた

128以上

測定の上限を上回り計測不可能に増えた

128以上

測定の上限を上回り計測不可能に増えた

128以上

測定の上限を上回り計測不可能に増えた

ビタミンA

250μg/dL

66μg/dL

101μg/dL

108μg/dL

130μg/dL

 

121μg/dL

 

ビタミンD

60μg/mL

30μg/mL

57μg/mL

94.5μg/mL

 

 

相変わらず、帯状疱疹ウイルスは測定上限を振り切れた数値が出ていた。

ビタミンAと鉄の値が下がっており、この結果から、小林常雄先生は「癌がお元気」と仰いました。

「ケトン食を徹底しないと、癌のエサを増やしてる状態だから、ケトン食を守らないとガンに圧倒される」

小林常雄先生は仰います。

しかし、私はもう2週間前からケトン食を止め、サプリを飲むのもやめています。

今日も血液検査したけど、その結果もさらに悪化しているのかもしれない。

この先生だけにかかってると、絶望的な気持ちになりますが、明日はオステオパシーの先生に施術してもらえる日なので、きっとまた大丈夫と思える気分になれるだろう。

京都から宝石療法の波動を送ってくださってるお医者様も良くなっていってると仰ってくださってるし。

きっと大丈夫と信じている。

そして今週から読み始めた内海聡先生の新刊『心の絶対法則』。

絶望的に辛辣な言葉が、永遠に続き、どこにも救いがありません。

だけど、これが真実だと、感じずにおれません。内海先生の言う通りだと思うのです。

「本気で治す気があるなら、治ってる」という一文があり、もっと自分を見つめて、自分の嘘を見抜いていかねば、と感じさせられております。

 

心の絶対法則 なぜ「思考」が病気をつくり出すのか?

心の絶対法則 なぜ「思考」が病気をつくり出すのか?

  • 作者:内海聡
  • 発売日: 2020/11/19
  • メディア: 単行本