おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

小林常雄先生④ ビタミンAの筋肉注射してもヘルペスウイルスは減らず

小林常雄先生のクリニックでビタミンAの筋肉注射してもらっても、ビタミンAの値はあまり増えず、一方で帯状疱疹ヘルペスウイルスは計測不可能な数値まで上昇して振り切れてしまっていた。

ビタミンDは順調に増加していた。

 

 

基準

10/22

11/11

帯状ヘルペスウイルス

2未満

96

128以上

測定の上限を上回り計測不可能に増えた

ビタミンA

250μg/dL

66μg/dL

101μg/dL

ビタミンD

60μg/mL

30μg/mL

57μg/mL

 

今後やること:

  • 中止:イベルメクチン
  • 継続:ビタミンAとDの経口摂取
  • 継続:毎週のビタミンA注射
  • 継続:ケトン食とグルタミン減らす
  • 追加:ミノマイシン錠50mg  夕食後毎日
  • 追加:コンバントリン錠50mg 夕食後毎日
  • 追加:ビタミンC1000mgを3時間置きに1日3~4回飲む。
  • 追加:高濃度ビタミンC点滴を3日連続行う。

 

乳癌を手術なしに治したいなら、ケトン食に加えて、グルタミンを取らないようにと言われました。乳製品、大豆、じゃこ、鰹節などに多いそうです。

尚、発酵している味噌は問題ないそうです。納豆には酢をかければ食べて良いそうです。酢でグルタミンが中和されるそうです。

https://www.boocs-holistic-clinic-tokyo.com/library/5d96a0ad6ed2455c40566420/5f07b46ed76b6b4f3b19f0a0.pdf

 

ケトン食については、以下の書籍を読んでしっかり理解するように求められました。