おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

毎年の会社の健康診断

毎年の会社の健康診断が春にあるので、胸のシコリもその時に聞けばいいやと思いながら、1月が過ぎ、2月になった。

コロナウイルスがずいぶん怖いらしいという状況になってきて、

勤め先からも自宅勤務を推奨されるようになった。

3月からは完全に自宅勤務になり、2021年になっても続く見込みである。

 

いつも4月頃に受ける健康診断を予約するも、病院から5月以降に延期するよう要請された。

この頃になると、1月に見つけたシコリはガッツリした大きさになっていた。

ときどき腕にあたる固いシコリが気になり始めた。

生理前の胸のシコリと言い切れない寸法に成長し、どうしたものかと思っていた。

 

やっと5月下旬に健康診断を受けられた。まだコロナ怖い怖いムードがすごい時期だったので、ほとんど健康診断しにくる人もいない状態であった。

健康診断の結果が6月中旬に届き、案の定、要精密検査と赤文字ででかでかと書かれていた。

これで、この胸のシコリを調べる準備が整った。