おひとり様の乳癌闘病記

2020年7月に乳癌診断うけ、1年の代替療法で悪化、2021年5月から西洋医学のお世話に。

呼吸がさらに苦しい

右の横隔膜の下に小さなコブがボコボコとでき始めた。

腫瘍は私の体を急速に蝕んでいるようです。

どうしても私をあの世にお連れしなければならないミッションがあるかのごとく。

私の寿命は本当にそろそろと言ったところなのかも。

弟が頑張って色々手配してくれて、来週自宅に戻れる目処がついた。

図々しく、同僚や友人に見舞い兼身の回りのお世話をお願いした。

昨夜から呼吸がさらに苦しい。

口呼吸でハァハァとしながから一睡もできない。

自宅に戻れる前に、くたばるんじゃないかという気がしてきた。

寿命なのかも

肺転移の癌が大きいせいか、胸水か、それ以外の理由か、呼吸がかなりしんどい。

右の横隔膜あたりに変なしこりも新たにできて、外からさわってもシコリを感じられる。

呼吸できずに横になれない状態になると、この先かなり厳しいと思われる。

強めの麻薬で、いつもウツラウツラ眠ってるような感じにさせるしか手段ないかもで。

月曜日になったら先生に相談しよう、今後どうしていくか。

一旦は自宅に帰って、友人達と会いたい。

薬で意識なくなるなら、意識無くなる前に、皆と食事したいな。

意識無くなったあとも、友人達にはきて欲しいな。私の耳はきっと聞こえてるから。

自宅に戻ったあと、病院と同じようなサービスが受けられるよう、弟が介護認定や訪問診療のお医者さんと調整しかけてくれてる。

自宅で過ごせるようになったら、友人達に日替わりで会いに来て欲しいとワガママを伝えてみた。

もう先が長くないかもと思うとワガママも言えるもんで。

そんな連絡を方々にしまくったら、周りはもう私が間も無く死ぬと思ったようで。当たり前だけど。

これで回復したら、死ぬ死ぬ詐欺だな〜

そして、何年も細々と持ち堪えるのもバツが悪いな〜笑

そんなことは、その時考えたら良いか。

でも今も回復を諦めたわけではなく、奇跡も信じてるし。

ただ、これが寿命なら、どうあがいても寿命なのでね。

ちょっと平均より早いけど。

 

 

 

 

当分入院生活が続きそうです

救急車で運ばれて600ccの胸水を抜いてもらったけど、仰向けなって寝ることができないままです。

座位で寝ようとしても、なかなか寝られず、体勢をあれこれ変えて、どうすれば良いか模索してるうちに朝がくる。

夜が来るのが毎日怖い。

また寝られず、一晩中、孤独な戦いをしなけらばならないから。

毎朝、少しでも呼吸しやすくなるようにとリンデロンというステロイドを注射されますが、効果は感じられない。

これを注射しなかったらもっと苦しいのかもしれない。

左脇リンパ節の腫れが左半身全体的をガチガチに圧迫している圧死しそうな圧力と痛みも常にある。

体も心もつらいです。

地獄の苦しみ。

回復の兆しがあれば希望が出るけど、今は逆で、毎日ジワジワ苦しさが増している。

癌で死ぬ方々はこんなつらい思いして亡くなっていかれてるのかな。

楽に死ねる癌などあるのかしら。

緩和ケアにお世話になってても、この苦しみなので、大変な病気です。

できれば退院して自宅のお風呂や、好きな食材でのご飯、に戻りたいけど。

家族は東京から遠く離れた場所にいるので、私が1人で自宅に戻るのは反対してて、夜間も看護師さんのいる病院での入院継続を希望している。

確かに、私が自宅に帰って、78歳の母が病気の父を置き去りにして、私のために東京に出てきて付きっきりで世話することは出来ない。

何はともあれ、今回の私の病気のおかげで、疎遠だった家族が仲良く一致団結できたことは、唯一、とても嬉しいことです。

 

 

呼吸困難で救急車呼びました

昨日の朝、呼吸困難で家の中すら歩けなくなり、救急車を呼んだ。

私を受け入れてくれたのはひと月前までお世話になってた病院。

自由診療に興味のある私を面倒見れないとのことで、もうご縁がないと思っていたけど。

助けてくださって感謝💕🥲

両肺に胸水あるものの、右の方が量が多そうだということで600cc抜いてもらった。

ゴールデンウィークから、ベッドで横になれず、いつも前屈姿勢で寝てた。

仰向けになると呼吸困難で窒息しそうになるからです。

胸水抜いてもらって、少しは仰向けになれるかなと思ったけど、やはり昨夜も前屈姿勢で寝るしかなかった。

呼吸困難の原因は胸水だけでなく、野球ボール大の肺転移が肺を押してるからかもしれない。

病室からトイレ行くのも、わりと大変。

ハァハァとなる。

左脇リンパ節は腫れて痛むし、身動きも取れない。

全身がつらい。

こうやって死んでいくのかな。

あっという間に死んでしまうのかな。

体の中にいるのが辛くて、地獄のよう。

もう開放してもらおうかと思ってしまってます。
もう、あれこれ治療するより、楽になりたいという気持ちになってます。

苦しい体から離れられるなら、その方が良いように感じる。

一方で、治るかも?!という希望も完全に捨てきれず。

胸水が溜まって苦しい。

胸水が溜まりすぎて、横になれなくなって1週間ほど。

外に出るのはともかく、狭い家の中をトイレまで歩くのもつらい。

毎日、寝る時は横になると窒息するので、座って猫背の体制でないと呼吸困難になる。

結果的に寝れない。

胸水を抜くという方法もあるけど、漢方で対策することにした。

 

①胸水を作っているのは、胸膜ガン。リンパ節転移や肺癌ではないらしい。血液検査結果のCRP値高く、炎症を抑える必要がある。

アルブミンが落ちてるので上げる必要がある。

③胸部血流を良くしなければならない。

④水を動かす漢方で血管内に胸水を戻す。

⑤胸膜で癌があばれないように、免疫をあげねばならない。リンパ球こそが癌をおさえるが少ない。一方、好中球が多い。これは自己炎症体質になってる。好中球が減るとリンパ球が減るシーソーのような関係。

⑥胸水で心臓に負担かかる。水たまると脱水になり、筋肉に力入らなくなっていく。心臓の筋肉も弱り、心不全になることがある。特に胸水抜き始めると心不全になる確率があがる。

⑦腎臓の力は、血液検査の結果、尿素窒素やクレアチニンが正常なので、腎臓は問題ないので、水をちびちび飲んでおくこと。

 

 

左手が動かない

左脇リンパ節の腫れが止まらず、左手指がほぼ動かなくなった。

右手だけの生活、不便です。

片手だけでは料理も洗い物もできません。

着替えも大変です。

左手のむくみ👇

f:id:ErinaPiccola:20220429111143j:image

右手👇 まるで別人の手に見えます。

f:id:ErinaPiccola:20220429111246j:image

 

MAT療法なるものを紹介された

もう毎日が限界。心も体も。経済的にも。

リンパの腫れがひどく、左手にはほとんど力が入らない。

左手が使えないだけで、かなり不便で、家事も仕事もできなくなってきた。

昨日は、知り合いのお医者さんに紹介されたクリニックに行ってきた。

免疫療法をやるクリニックなのだそうです。

色んな方から免疫療法は高いだけで効果ないと聞いてきたが、いわゆる効果のない免疫療法ではないとのこと。

MAT療法と呼ばれたりしているものらしい。

しかし自由診療のため、1か月300万円也。

昨夜から咳をしてると血痰も出るようになった。

この状況でもなぜかポジティブな私は血痰が好転反応のように感じてしまう。

 

 

 

また貧血?

九星気学の先生から言われた吉方位へ散歩した。

いつも登れてる坂がきつくて、マスクを外して口でハァハァと息をした。

歩く速度もかなりゆっくりしか歩けない。

歩いててもしんどくて、途中でコンクリートブロックの上に座って休憩したり、休み休みしながら歩いた。

右脇腹も痛い。

胆のうのあたりか?

昨年の貧血を思い出す。

昨日、中医学の先生に温熱してもらってばかりなのに、もうフラフラになってしまっている。

左脇リンパ節が腫れて左腕の皮膚もはち切れる寸前に腫れて皮膚はピンピンに張って固くなっている。

指もしびれて、お料理や洗い物もしづらく、お料理しようという気にもなれない。

厚労省のお医者さんに相談して、家の近くのクリニックに行ってみることにした。

今の私は、先月から病院に行ってない状態で、何かあったときのための医者や看護師は必要だろうということで。

昨年からずっとお世話になってる主治医に連絡しようかと何度も思ったけど、もう少し様子を見てからにしようかと思ってる。

でもどうしようもなくなったら、やっぱり主治医に泣きつくしかないのかな。

死ぬなら楽に死なせてほしいな。

 

日常生活に支障が出始めました。

左脇リンパ節が腫れて、周辺の肩周りもカチカチ、腕もパンパンに腫れている。

左手小指がかなりしびれており、その次に薬指がしびれている。

左手の指に力が入らないので、料理や洗い物といった日常生活にも支障が出始めた。

仕事はPCを使ってやっているけれど、左手でキーボードがうまく操作できないので、入力に時間がかかるようになってきた。

日に日に体の機能は使えなくなってきている。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の人達の気持ちって、こんな感じなんだろうなと思う。

日に日に、体の自由が少しずつ無くなっていくのを、意識は全て目撃していて。

意識だけは変わらないので、この無念さ、悲しみ。

つい1か月前までは、少し左脇が腫れてるなくらいだったのが、ここまでになるとは。

週末の土日は2日とも一睡もできなかった。

体だけは休めようとベッドに横になっていたけど、意識が覚醒したままで眠れない。

眠れそうかな、と思った瞬間に肺がヒューヒューゴボゴボしはじめて、咳が続いて出たりする。

立ち上がったり、寝転んだり、体勢を変えるたび、肺から咳が出始める。

眠れないうえ、天気が良くなかったこともあり、とっても不安になり、中医学の先生のところで温熱治療と気功をやってもらった。

私の体の邪気が出ると先生の指先が痛むみたいで、「イタタ!」と仰りながら、それを浄化しながら、私の体の邪気を抜いてくださいました。

この先生によると私の肺癌はもうないということだけど。

肺癌はともかく、左脇リンパ節が一番つらいところで。

バイオレゾナンスの先生は、寄生虫駆除が根本原因だろうと推定して薬を出してくださってるけど、頂いた薬を飲んでも、今のところ日に日に左脇リンパ節は腫れて体の機能が徐々に失われてきている。これが好転反応なら大歓迎なのですが、どうなのかしら。

中医学の先生のところで温熱治療をやってもらうと、気も楽になるし体もラクになるけど、翌朝起きるとと症状は変わらず、むしろ悪化しているようにも感じる。

九州の乳癌サバイバーのお姉さまに今朝、電話してみた。

彼女が2週間前に東京来た時に手当してくれたので、その時の印象として、以下のように仰った。

「たくさん癌患者の手当をしてきたけど、あなたの手当したときは激痛を感じなかったの。
私のセンサーがまだ癌の元を探しきれてないからかと思ったりもしたんだけど。
普通は癌患者の手当すると激痛が手にくるのよね。
あなたはそれがなかったので、リンパで免疫が頑張ってくれている結果が腫れになってるのかねぇ」

はぁ、やれやれ。

明日の我が体はどうなってるのか。

再び、ヒプノセラピー。

ヒプノセラピーを習い始めたけど、とても面白い。

ヒプノセラピーの可能性を最大に活かせるくらい受け方が上手なクライアントだと良いけど、半信半疑で受けてたりすると誘導できる範囲は限られてしまう。

ヒプノセラピーを習うことによって、効率よい誘導のされかたも分かってきたので、再度受けてみた。

スピ系セミナーに出ていた私は、人間関係で葛藤が起こった時に、相手を赦す、相手の平和を祈る、相手に見るものは自分の心の投影なので、その投影を全て取り戻すのです、と習ってきた。

けど、私の習っているヒプノセラピー的にはまず自分の感情とその感情の原因になった出来事に直面し、自分は100%悪くないことを心から理解し、自分を完全に認めるといった流れが最初にきます。

ヒプノセラピーでは、凶悪犯罪を犯した犯人ですら、高次元からのメッセージは「あなたは悪くない」というものが来るらしいのです。

現世の普通の感覚では理解できなくても、宇宙次元では間違いではないようなのです。

そのような考え方の土台の上で、最後には怒りの対象となった相手の浄化をしたりします。

私は、癌の原因となったスピ系先生との葛藤にたいして、怒りや悲しみをしっかり感じて、罵詈雑言を浴びせるくらいの自己表現をし、自分が正しいと自分を認めるといったことが出来てなかったなと感じていたので、そこらへんのワークをすべく先輩ヒプノセラピストのセッションを申し込んだのでした。

最初に出た前世は、ドイツの女子中学生。

通学途中の森の中に魔術師の家があり、その魔術師の男に「幸せな人生をくれる」という秘儀として、犯されるのでした。しかし、その後の人生も何ら変わらない人生のまま、幸せな人生がもらえないまま50代で人生をさみしく終えます。

現世との共通点は、高いセミナー代を払えば幸せになれると信じていた点です。

幸せにになれる秘儀をうけるため、お金を払う(現世)、犯される(過去世)。

幸せになることを、他者に任せている。自分で汗をかいて努力せず、金を払うか犯されることを引換に幸せにしてもらえると信じている。依存している。

その後、インドの貧しい男の子の過去世にも飛びました。人身売買され、農家の奴隷となります。

家畜と同様に労働力としてだけ働かされ、労働力が維持できる程度の食事を与えられ、来る日も来る日も労働。

ここにも現世との共通点がありました。

労働力を維持する程度の食事と生活に甘んじて、労働して稼いだお金のほどんどがスピ系セミナー代となっている。

ここでインドで奴隷として働く男の子の過去世の書き換えをしました。

現世の私がその男の子を自宅に連れて帰り、教育を受けさせて、高給取りのエンジニアとして活躍できるまでにしました。

もう彼は最低限の食事だけで労働し、労働の対価を全て吸い上げられる環境から脱し、いただいた給料で自由な時間を楽しみ、人生を豊かにできる生き方ができるようになりました。

現世の私も、いただいた給料を巻き上げられ・・・というか実際には自分で喜んで払ってたわけですが、そうするように洗脳されてたとも言えます。

洗脳されてしまうのは、私が自分の幸せを他人任せに依存するところがあったからです。

頂いた貴重なお金は、自分の人生を真の意味で豊かにする目的にために使いたいと思います。

これで、癌の原因となった葛藤は収まったと言えるのかな。

今後の人生がどうなるか楽しみです。

 

 

バイオレゾナンスの診療所に駆け込みました。

左脇リンパ節が腫れて腕も皮膚がはち切れそうに浮腫んでいる。

昼間は仕事したりで気が紛れても、夜寝る段階になると腕の痛みにズッシリに襲われて、ここ3日ほど眠りにくくなってきました。

2週間前に診てもらったバイオレゾナンスの診療所に朝イチで電話してみました。

この診療所は人気で、一時は予約1年待ちの時もあったらしいので、ダメ元で電話したらなんと昼休みに診てくださることになった。

左脇リンパ節が腫れて痛くて辛いことを訴えて、診察いただいたところ、炎症反応がひどいと出ました。

1週間前、CEAT療法のクリニックの先生にも炎症反応が強いと言われていたので、同じだなと思いました。

癌増殖因子は0.6だったのが、0.25になっていると言われた。前進です。

肺癌のほうは、抑えることに成功しているようです。

前回、私の病気にさわる物質として、消毒用アルコールと水銀があったが、消毒用アルコールは体内から消えて、水銀はあと少し残っているという反応が出ました。

左脇リンパ節の腫れの炎症の原因も寄生虫ではないかとなり、Rayocompという波動調整をベッドの上で一時間ほどやりました。

さらにまた6日分の抗生物質やら虫下しのようなお薬をいただきました。

このお薬が効果があるかどうか、来週も診察いただくことになりました。

 

オーリングは信じられるのか?!優柔不断な私。

約2週間ぶりに中医学の先生の所へ行ってきた。

ここでは熱いアイロンのようなもので、温熱療法を施術くださいます。

熱をいれながら、邪気を抜いたり、気功もしてくださいます。

ここではオーリングで私に合うもの合わないものを見てくださいます。

前回、接骨院で近赤外線とAWG低周波治療器をしてもらってることをオーリングで見たら、オーリングがパカっと開いてしまい、合ってないと出た。

けど、接骨院の院長先生が私を心配してお電話くださったので、再度施術を受けにいきました。

先生の心からの優しさと愛を感じて、この院長先生の施術が合わないなんて、間違ってるのではないかと思って、再度オーリングをしてみた。

しかし、またパカっと開いてしまった。なんでだろう。

土曜日も院長先生の施術を予約していたけど、キャンセルの連絡を入れた。

すると院長先生からまたお電話があり「どうしたの?」と。

真摯な院長先生に嘘はつけないので

「実は、中医学の先生の所にも行っていて、そこでオーリングで現在受けてる施術を全てチェックしてもらったところ、近赤外線が合わないと出たのです・・」

と白状しました。

院長先生は「オーリングは、背骨のちょっとした狂いでも結果が変わってしまうので、あまりアテにならないんだよ。私も以前はオーリングやってたことがあるけれど、今は使わなくなったのです。その中医学の先生は近赤外線のことご存知ないだけだと思うけどね。しかもここでやってる施術は、あなたが抗がん剤しようが、どんな施術しようが、邪魔になるようなものではないので、なんの害もないのだけどねぇ」と仰る。

このお電話のあと、中医学の先生のところに電話をした。先生は施術中だったので、奥様に事情をお話しした。

この奥様はとても直感が鋭く敏感な方で、恐らくオーリングより奥様の直感のほうが鋭かったりする。

接骨院の院長先生が心配くださってることをお伝えしたら「あなたの直感に従うこと」と言われました。

そして奥様も「なんとなく行かれたら良いような気がする」と仰る。

私自身、このまま院長先生のところに行かないことは、不義理であるようにも感じるとともに、院長先生の優しい手に触れていただける機会を失うこともとても寂しく感じてたので、やっぱり接骨院に行かせていただこうと思った。

ちなみに、この接骨院の院長先生、私に対する施術は無料でしてくださってるのです。

私が癌でたくさんお金使って、困ってるだろうからと。

なので、院長先生が私を心配して、接骨院に来るように仰っても、先生の利益は何もないのです。

ただただ心から心配して、どうにか私に治ってほしいと心から願ってくださってるのです。

3月に再発転移がわかり、肺に大きな癌ができてしまっていることも分かって以来、新しく知り合った方々から、無償の愛と支援をいただくようになっています。

なんで初めて会ったばかりの私を助けてくれるのだろう?

九州の乳癌克服されたお姉さまは、私に数十万もするお風呂用の水素発生装置を送ってきてくれた。

さらに、無農薬の野菜やら、手作りの漬物から、色々と毎週のように送ってきてくださる。

プラズマを使った施術所の責任者のお姉さまも、
「あなたは無料にしてあげるから毎日来なさい」と仰る。←オーリングで合わないと出たので、行ってないけど・・

皆様全員、3月に知り合った方ばかり。

同じ3月に主治医のいた病院からは、私のブログが理由で(自由診療っぽいことやってるからと)、出入り禁止にされてしまったけど。

病院からは断られて残念だったけど、それを埋め合わせて余るほどに良き出会いも用意されていたように感じる。

そんな話を、厚生労働省のキャリア官僚を数十年されてたご立派なお医者さまにお話ししたところ

「あなたは助かり、この先、生かされて、何かのお役目があるようですね。そんなに何人もの人が無償であなたを助けようと手を差し伸べられている状況はあまり聞いたことがありません。治療法も、もう私からアドバイスすることはありません。後はあなたの気持ちだけでしょう。」

と言われました。

 

 

 

LIFEWAVEのパッチ

職場の同僚が、癌に効くかもしれないと言って、LIFEWAVEのパッチをプレゼントしてくださった。

彼女のお父さんも癌で、もう使える抗がん剤がなくなってしまい、さぁどうするという状態なときに、お友達から紹介されたグッズだそうで。

健康な彼女がパッチを張っても、体がポカポカして良く眠れる感じになったとのことで、悪い作用はなさそうなので、ちょっと使ってみることにした。

販売方法はネットワークビジネスらしい。

f:id:ErinaPiccola:20220418070227j:image

photo-therapy.jp

手当て、なるものをやって頂きました。

お節介なくらい親切なお姉さまと知り合い、彼女の紹介で九州で余命1年の乳癌を自力で回復させた女性を紹介された。

彼女とは電話でしか話したことがなかったが、この度、東京に来られるとのことでお会いした。

お電話のお声の通り、温かく柔らかい女性でした。

無農薬野菜を使った手作り酵素を送っていただいたり、ミネラルを送っていただいたり、大変お世話になっている方なのです。

その彼女は「手当て」が出来るとのことで、やっていただいた。

体の痛い部分に手を置いてもらうだけなのですが、柔らかい温かさが、ひだまりのような温かさが体にはいってきて、とっても気持ちが良いのです。

彼女の手から、エネルギーを私の体に入れてくださってるのだそうです。

右肺に大きな癌があったので、そこを触ってもらったら、「ここは大したことないわ」とのことで、やはり左脇リンパ節が大変だとのこと。

これは誰でもできるワザではなく、彼女は手当てをしている間、相手の体の痛みが手から入ってくるのだそうです。

この手当てなるものができる人は、5分が限度で、それ以上やると自分が苦しくなるらしいのですが、彼女は一晩中でも手当することが出来るのだそうです。

彼女に言わせると、確かに相手の痛みは手から入ってくるけど、それを浄化するような光が頭の上から入ってくるので、苦しみが残ることがないのだそうです。

ゴールデンウイークは彼女の手当をお目当てに、九州まで旅行しようかしら・・

 

 

接骨院の先生から心配の電話がかかってきました。

近赤外線やAWGで治療してくれてた接骨院の先生から電話がかかってきた。

3月から毎週通ってたのに、2週間以上通わなくなったから、心配してお電話くださった。

第六感のようなものを感じてお電話くださったとのこと。

中医学の先生のオーリングであまり合わないと出たからとは言えず、しばらく様子見たいと言って行かなくなっていたのだけど。

「左脇リンパ節がパンパンに腫れて、左腕もむくんで、どうしたら良いのか・・」というと、この先生が毎週施術してくれてた時は、左脇リンパ節が小さくなっていってたのにと仰り、早く接骨院に来るように言われました。

この先生は本当に何の見返りも求めず、ただ心配してくださっているのです。

癌に効くサプリをプレゼントしてくださったり、施術だって、毎回毎回、私のために3時間も費やしてくれたり。

そして、この接骨院に行きました。

今日は水素吸入も投入で、できること全部やってくださいました。

何のご縁か、何故ここまで親身に私を助けようと全力尽くしてくださるのか。

神様に自分を明け渡してるような先生。

ありがとうございます🙏🙇‍♀️